07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

小説家になろう、及び、MFブックスにて執筆されている、理不尽な孫の手先生の作品。 『無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 』を含む『六面世界の物語』シリーズの感想がメインとなっております(※基本的に龍族贔屓です)

項目ごとの表示は下記リンク↓か、右のカテゴリからどうぞ。
[六面世界の物語タグ全記事]・ [無職転生] [漫画版他] [雑記] [古龍の昔話]

★★★ Amazon:無職転生:書籍&漫画他 ★★★

かぐや様は告らせたい突発語り#1 

いきなりですが連載分を読んだらキャラについて
語りたくなったのでダラダラやっちゃうw
ネタバレ全開でいきますよ~。

そういえば、以前もかぐや様を語りたいってタイトルつけて語ろうと思ったことあったんですが、そのままのタイトルのスピンオフ作品があったので止めたのだった。
なお『語りたい』は良いスピンオフなのでオススメです(笑)
ま、今回は白銀御行を語りたい、ですけど(笑)

というわけで。
この漫画は、キャラの掘り下げが進んでから読み直すと同じシーンでも印象変わってくるというのを良く仕込んでくるのですが、また影響範囲がでかいのが来たなぁと。
今までポンコツ&ヘタレなところは多々あれど、なんだかんだ作中随一の安牌ポジションだった会長の、かなりガチな心の闇が明らかに…。

いつぞや、本来の白銀は感受性豊かな云々って説明があって、じゃあ今は本来じゃないの?と疑問を覚えたことがあったけど、つまりポンコツを隠していることだけではなく、自信家でプライドの高い白銀も演じていた虚勢の部分だったんですねぇ。
ある種の高校デビューみたいなもんか?(笑)

いくら勉強が出来ると言っても会長の極まったポンコツっぷりでなんでここまでプライドが成長したのか、常々不思議だったから大変納得ではある。
自己分析の直視しなさっぷりとかすごかったし、そもそも1巻のキャラ紹介から『天才と自分を思い込むことで精神の安定をはかってるフシがあって病的』とか説明されたもんね。

確かに、あの部屋はちょっと病んでるわ…。
テスト時の10徹とかの異常な部分は前からあったけど、ほんま、ギャグ的または漫画的誇張表現のフリして、しれっとシリアスぶっこんでる漫画ですわ。
そうするとモンスターDTも虚勢なのだな…うーんw

ともあれ、卑屈だった1年春→1話の会長がつながらないなあと思ってたのも、これで完全に繋がった。
実のところ会長は序盤キャラブレしてると思ってたヨ。
性格がやや悪いというか、かぐや様テイストwだったし、それはてっきり作品が固まってなかったころの名残みたいなものかなと。でも、こうなってみるとあれは会長のかぐや様ロールだったのかもしれないな(笑)

優しくなろうと努力しているかぐや様然り
この二人、結局相手のような人間になりたいようで
会長は弱くて卑屈でポンコツ(と自分をみてるから)
かぐや様の気高さや強さや才能に惹かれるし
かぐや様は冷酷で計算高い(と自分をみてるから)
優しくて打算のない会長に惹かれると

そして、文化祭が『偽る自分から偽る相手へ』だったなら
クリスマスは『偽らない自分から偽らない相手へ』ということなのだろうけど、性格だけでなく多くの面で虚勢はってる会長の闇のほうが深かったんだなと。

母親の要求に答えられずに捨てられたトラウマがあり
(しかも妹は優秀ときてる)
かぐや様には素のままの性格では相手にされず。
(絶賛人避け時期だっただけなんだけどなぁ…)
それが、努力してポンコツを隠し、虚勢をはって性格を演じたら、周囲からも認められる存在になり、かぐや様ともいい感じになれたのだから、そりゃその仮面を外すことなど出来ないよね。

ポンコツのほうだけでも、事実を知ってる書記には交際相手候補としては産廃と面と向かっていわれる始末だし…。
まあ、かぐや様なら多分きっと大丈夫だとは思うけど、会長からしてみれば晒してダメだったらそこで終わるリスキーな賭けだしねー。

とはいえ、バルーンアート回とかみてると会長も少しずつ弱い部分を見せようとはしてたようなんだけど、あの時、かぐや様に努力する会長を誉められたことも逆効果だったかもしれないのか、辛い。裁縫がド下手なことは信じてももらえなかったしなー。
トドメに、要求に答えられなかったら捨てられるトラウマ発動で今はそういう気持ちが後退してしまってる状態なんかね。

でもまあ、本人が思っている以上に既に地がかなりでてると思うんだ。特に性格部分は1話目からメンタルが弱いとかぐや様に言われてるし、言動が乙女だとか女々しいとか柏木さんにすら評されてるていたらくで全然隠せてないと思うのw

それにしても、隠している弱い部分をさらけ出してから恋人になりたいとか、かぐや様のハードル激高すぎないだろうか、そういうのは付き合いだしてからやることでは?流石は無理難題の姫か!とか思ったけど(笑)
会長の心身の健康の為にも、早めにこういう展開になったことは良かったかもしれない。ただし、会長のほうは抵抗するわな、恋愛頭脳戦ちゃんが久々に息を吹き返すのだろうか?

この難しい局面が、いつもより更にコミュ力低下してる氷かぐやちゃんなのが、ちょっと不安w
会長がなんか暴走しそうだけど、この漫画、ほんと展開予想で当たった試しほぼないからなー。
いつも「え?そこいく!?」みたいなw
今の章だってかぐや様の気持ち整理かと思ったら、蓋を開けたらむしろ会長の闇編だったし。
過去編やる前に会長のそこら辺の理由をばらしておく必要があるのかなぁ。

あと、3話ぐらいで15巻収録分が終わりそうだけど
話の区切りはどうなるんだろう。
関連記事  ≫ ≫ 一覧表示
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://asa4.blog.fc2.com/tb.php/1855-55d419fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top