07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

小説家になろう、及び、MFブックスにて執筆されている、理不尽な孫の手先生の作品。 『無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 』を含む『六面世界の物語』シリーズの感想がメインとなっております(※基本的に龍族贔屓です)

項目ごとの表示は下記リンク↓か、右のカテゴリからどうぞ。
[六面世界の物語タグ全記事]・ [無職転生] [漫画版他] [雑記] [古龍の昔話]

★★★ Amazon:無職転生:書籍&漫画他 ★★★

ドラゴンクエストビルダーズ2#1 

#1とかいいつつ、もうクリアしてます(笑)
まあちょっと、色々ありまして、switchが携帯できるゲーム機でよかったなーって感じでありました。

明けましてのご挨拶もできず
去年やったゲームではundertaleが一番よかったです!!
と、これだけは大きく叫んでおきます(笑)
まあ一番時間とられてるのはDQBの1と2ですがね。

というわけで、ざっとDQB2の感想など
本番はこれからだがな!
はりきって発売日から始めたらモンゾーラで進行バグに遭遇しちゃって、事前情報があったのでセーブは回避して事なきを得ましたが、それからビビッてほぼ寄り道せずにクリアしましたですよ。

仮にもサンドボックスゲーで、なんでフラグ気にして、ナビ通りに行動しなきゃならんのだと不満は覚えましたが、キャラやテキストは相変わらずよくてストーリー進めるのが楽しかったので、まあ、よいか、と。
どうせ全要素開放はクリア後だしね。
(クリアしても開放されない要素が沢山あった件)

サンドボックスゲーとしてはそこからが本番、ある意味クリアまでがチュートリアルというやつですね。
そこまででも十分面白いんですけれども。

システム面は全体的には前作より使いやすくなってよいです、ビルダー道具マジ便利。
あと、武器とビルド用ハンマーが別枠になったのは素晴らしい。
武器振り回して建物クラッシュほとんどしなくなったし。
難を言えば、リフォームコテは範囲が自分で指定できればよかったかな。

ですが、1枠999個になったというのにアイテム管理の煩雑さはなくらならないなぁ、ビルダーハンマー手に入れて片っ端から素材集めしてると速攻でモノが溢れる!
いやまあ片っ端からやるのが悪いんですがねw

そもそも土地を整地するから999個があっという間になくなるので増えた恩恵が感じられないかもしれないw
収納箱も中身はいったままで持ち運ばせてほしかった。

そういえば、大倉庫とかどこいったの~?(スクエニのことだから有料DLCに含むとかになりそう)

当面の目標は、からっぽ島各エリアの衣食住の暫定的な整備(特に青の地)とこだわりレシピを達成しつつ、各エリアの開発方針を決めていこうって感じですかねぇ。

そういえばモンスターがポップする地とそうでない地はどこに境界があるんだろう?
開発が進んでいくと自然と出てこなくなる印象なのだけれども。

縦横にトロッコを引いて住人が相互の場所を行き来するのかもみてみたい(しなさそうだとは思っているけど)

というわけで
ストーリー途中で暫定と思って作った
船着き場前の開発拠点が今こんな感じ
引っ越すのも面倒だし、もう自宅はここでいいかなw


■仲間モンスター
キラーマシンが有能すぎて農民減らして
こいつをもう一体増やしたい欲求がw

あと、ベビーパンサーを仲間にしようとしたけどなかなか仲間にならなくて、島通いをしていたら、その度についでに倒してたキラーパンサー仲間になったよ!
ベビーパンサーより先に!
でもベビーパンサーちゃんも意地で仲間にしました。
だって可愛いだろぉおおお。
というわけでユニークモンスターも仲間になるんですね。

きっとはぐれメタルも仲間にできるんだろうけど、あいつ倒すの大変なんだよなぁ…。

とはいえ同系統のモンスターは一種類でいいような気がするんですけれどもね。
住民枠厳しすぎてさ…。
ぽこじゃが増える家畜たちはどうしたら…。
やっぱ肉?、肉なの…?


■ モンゾーラ
農業の地。
ある程度の開拓が進むと、毎朝すごい勢いでごはん食べに行くのがめちゃ和んだ記憶。
モリモリ食べるな君たち。
初期は食物の消費量に慄きもしたけれどw

今作ではトイレが実装されてしまったので、村で1つのトイレに長蛇の列が毎度の風景になり、申し訳ない気持ちで一杯でしたが、それはそれとしてちょっと楽しかったですw
増やしてあげれば良かったのだけれど、今回は余計なことはしない主義で土地もろくに均さずに、そのまま建てていったので、けっこうカツカツの土地しかなくてね…。
というか建物建てたところに大樹がですね…。

この世界の住人はハーゴン教徒なので最初は一応ビルダーに反発はするんだけど、掌返しが素早すぎて笑っちゃう。


■ オッカムル
鉱山の地。
ルビに”きんにく”ふれば何でも解決なお土地柄。
……いや、どうなのそれ?(笑)

あらくれ達はアホ可愛いけど、あまりにも、単純すぎるので過去は欲望故の争いがあったとかいわてたりもしたし、ペロを取り合って争うことにならないかと、若干ハラハラしてましたが、まあ、杞憂でしたなw
ゴーレムくんも嫁にする気満々だったし、大丈夫か心配してたけど、最後はカッコよく決めてくれたしな。

ちなみに、私は奴らのペロ大好きっぷりには、ちょっぴり引きました(笑)
あのムサクルシイ熱狂を軽くいなしてる彼女はすごいな。

ゲーム的には、本作はNPC達が働いてくれるので、わりとビルダーは楽できていいですね。鉱石とかほんと必要以上掘らなくていいし。
そういやここは凄い勢いで人口が増えていくので、宿屋がすごいことになってました。


■ ムーンブルク
なんか知ってるのと違う。
テーマが裏切り、雪景色も相まって陰鬱。
脳筋の地からのこのギャップよ…。

裏切者の正体は、けっこう初期から怪しいなコイツと目星はつけてたのですが、その心情を想うと悲しい結末でしたね。
もうちょっと待てば、能天気な生活が待っていたというのに…。

あと前振りからしてシドーとはいつか戦うことになるんだろうと思ってたけど、それはきっと正気を失ったといった類いであって仲違いをするとは思ってなかったので焦りました。
無駄に何度も牢屋に足運びましたしー。
つーか、命じたはずの王様があの態度なのは解せぬ。

シドー的には彼が居なくても戦闘がまわるという事実を突きつけるのは必要だったのかと思いますが。
プレイヤー的には居ないとわりと寂しいし、必殺技使えないし、困るんですけど?

それはそれとして、ここで「絶交」って単語がでてくるのは、状況にかかわらず微笑ましい気分にw
シドー君は何歳ぐらいの設定なんでしょう、声変わりしまくってるよね。
最初の頃は、見た目から想像しなかった声の低さに違和感あったわw

ゲーム的には物資不足の中、じわじわと陣地広げていくのが面白かったです。


■ 破壊天体シドー
シドー君には愛着わいてるので、モロモロの展開はほぼ予想の範疇だったとはいえ、下準備もせずに飛び込んでしまい、さすがに、ひかりの剣ぐらいはつくって飛び込めばよかったかなぁと若干後悔しました。
まあ、別にいらなかったんですがねw

すぐにダンジョンかと思いきや、ここでもビルダー教を広めるお仕事が、別に教祖にも宣教師にもなった覚えはないというのに(笑)
対象が魔物になっても住人の掌返しは健在でしたw

ところで彼ら
クリア後にも見当たらないんですけど
もしかしてDLC要素…?
関連記事  ≫ ≫ 一覧表示
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://asa4.blog.fc2.com/tb.php/1847-0fefb24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top