07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

小説家になろう、及び、MFブックスにて執筆されている、理不尽な孫の手先生の作品。 『無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 』を含む『六面世界の物語』シリーズの感想がメインとなっております(※基本的に龍族贔屓です)

項目ごとの表示は下記リンク↓か、右のカテゴリからどうぞ。
[六面世界の物語タグ全記事]・ [無職転生] [漫画版他] [雑記] [古龍の昔話]

★★★ Amazon:無職転生:書籍&漫画他 ★★★

『聖戦記エルナサーガ』の紹介 

作者 : 堤 抄子(つつみ しょうこ) [▲ Web site
月刊 Gファンタジー 平成5年4月号~平成11年5月号 連載(休載期間あり)
コミックス新装版1~8巻が発売中(Gファンタジーコミックス/エニックス刊)
☆新装版8巻には、旧版にはない5ページの加筆エピソードがあり!

ガンガンサーチ

※この記事は一応ほぼネタバレなしです。
▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

聖戦記エルナサーガ 1~10話感想 

▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

聖戦記エルナサーガ 11~20話感想 

▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

聖戦記エルナサーガ 21~30話感想 

▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

聖戦記エルナサーガ 31~40話感想 

▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

聖戦記エルナサーガ 41~50話感想 

▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

聖戦記エルナサーガ 51~60話感想 

▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

聖戦記エルナサーガ 61話~EP感想 

▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

キャラ紹介 『エルナ』 

エルナ 「自分や誰かを守る為に 相手を殺してよいものか どちらが生き残るべきか たった一人の魔導士と大勢の民と どちらが救われるべきか 彼女は両方と答えるのだろう そして…悩むんだ…」(第6話 エイリークの台詞より)

 ミニスカ姿もまぶしい16歳の主人公。
 世界(ギムレー)三大国家の一つ、アーサトゥアルの姫君で、先王の弟ヴェスタルの娘。
 人が皆、魔法が使えるギムレーで唯一人まったく魔法を帯びないために、神の加護なき「闇の姫御子」と呼ばれている。治癒呪文なども効かないために、病気も怪我も自然治癒に頼るしかなく、この世界の標準よりも身体が弱いようだ。
 そういった自らの儚さ故か、命を何よりも尊び、戦乱に心を痛める気立ての優しい娘さんで、むしろ、性格は控えめで大人しめといってもいいぐらいだが。どんな辛い状況においても、悩むこと考えることを止めない芯の強さを持っている。とはいえ博愛精神旺盛極まるところを除けば、わりと普通の女の子で、お姫様ながら木登りもしたりと活発な面も。また、恋愛方面はものすごーく鈍いところがあるのは、お約束か(笑)
<以下、語りモード>
▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

キャラ紹介 『シャールヴィ』 

シャールヴィ 「勝った者が正しくなる 歴史はそう動く!
自分が正しいと思ったら勝つことだ 絶対にな!」

(第3話 シャールヴィの台詞より)

 主人公その2といってもいい、ヒーロー役。
 アーサトゥアルに侵攻されているアンサズの第九王子。末っ子。
 恵まれた体躯とアンサズ一といわれる魔法力を持つ、勇猛で知られる無敗の将軍で、常に先陣をきり、どんな魔法でも助からないように首を落としていく容赦のない戦いぶりから「鬼神」と恐れられている。また、その強大な魔法力からくる回生呪の強さから「不死身のシャールヴィ」の異名も持ち、丈夫なのをいいことに、並の人間なら何回死んでるかわからないほど酷い目にもあっている(笑)
 ゴツイ体格にたがわず豪放磊落な性格で、王子のくせにガラが悪く、基本は好戦的で血の気も多いが、常に確固たる信念のもとに行動している。……あと、ときどきヤキモチ妬き(笑)
<以下、語りモード>
▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

キャラ紹介 『エイリーク』 

エイリーク 「皆が私を光の王と呼ぶなら それにふさわしくなろうと思った……人が疑いと憎しみに満ち 世界が破壊と混乱にあえぐのなら 私が救うのだと思った」(第46話 エイリークの台詞より)

 アーサトゥアルの次期国王、物語当初は父王の喪に服していて王位継承は行っていない。エルナの従兄にあたる。
 代々アーサトゥアルの王に伝わる”古の三剣”の一つ、統魔雷剣(トアラテイン)の所有者で、世界(ギムレー)一といわれる強大な魔法力を持つとされ「光の王」と呼ばれている。
 民を思う気持ちも篤く、その志も高い。沈着冷静で、誠実な青年なのだが、国政について実際的なことを学ぶ前に父王が急逝したため経験が浅く、実権を宰相ヴァーリに奪われ苦悩することになる。
 容姿や物腰は、まさに「白馬の王子様」な彼は、実はエルナの想い人(たぶん初恋の人)でもあり、使い魔カルルをつかい影ながらエルナを援護していたりする、なかなかにオイシイお人でもある(笑)
<以下、語りモード>
▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

キャラ紹介 『ヴァーリ』 

ヴァーリ 「この世など 恐怖と憎しみに満ち 戦しあい 殺しあい 一番惨めな ありさまで滅びてしまえばいい…」(第42話 ヴァーリの台詞より)

 エルサガの働き者の悪役。
 強力な魔法力を持つ、アーサトゥアルの大魔導士(プレスト)で、先王エイナルに抜擢された、若いながらも非常に優秀な宰相でもある。
 世界の王となる野望を裡に秘めており、経験の浅いエイリークを次第に追い詰めアーサトゥアルの実権を奪う。
 「闇の姫御子」エルナを利用しようとするも、失敗するが、禁呪である魔精霊法の人体実験を繰り返し、禍々しいまでの狂戦士をつくりあげた。彼のその野望は、やがてギムレー全土を戦乱に巻き込んでいくことに。
 頭脳明晰、冷酷非情、暗い過去、と美形悪役の基本をクリアしており、全編通して、その素晴らしい悪役っぷりを披露してくれる(笑)
<以下、語りモード>
▼ 続きを読む
tm: 0  /  cm: 0  /  △top

懐かし漫画なのかー 

マンガ図書館Zに聖戦記エルナサーガがあった…
無料で読めちゃうのね……。
tm: 0  /  cm: 0  /  △top